きっと役立つ!目の知識ブログ

ドライアイをあなどってはいけません!|目の病気

目の病気


女性の目の写真

最近よく聞くようになってきた眼病の1つとしてドライアイがあります。
よく最近の若者がパソコンの見すぎで〜とか、スマホの使い過ぎで〜とかで時々テレビのニュースで特集を組まれたりしていますよね。
ドライアイなんて若い人の病気なんでしょ?という方を時々見かけますが、とんでもない。
パソコンやスマホの画面を見続ける若い人がドライアイになってしまうことは確かに多いですが、年齢を重ねてくると涙をつくる機能が衰えてくることもあり、若者じゃなくてもドライアイになる可能性は十分にあるのです。
ドライアイという字のごとく、目が渇くだけなら失明するわけじゃないし、別にちょっとぐらいなってもいいじゃんと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、いやいや、それが!その考え方が!!問題なんです。
今回のタイトルは”ドライアイをあなどってはいけません”
皆様にドライアイがいかに恐ろしいかをお伝えできればと思います。

まずは涙についてです。

涙というのは泣いた時だけ流れているわけではありません。
まばたきによって目の表面の隅々に運ばれ、目の表面を覆っていてくれています。
役割としては角膜に栄養を送ったり、細菌や紫外線などのあらゆるダメージから目を守る最前線のバリアーのような働きをしています。
普段私たちが何気なく過ごせているのも、涙が目を常に守ってくれているからなのです。

%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%82%b3%e3%83%b3

しかし、先ほどのパソコンや加齢の他にもコンタクトレンズやエアコンなどの使用により涙が蒸発しやすくなると、目を守るのに欠かせない涙の量が不足したり、涙の質が不安定になって本来の涙の役割がきちんと出来なくなり、最終的には目の表面の細胞に傷が生じやすくなってしまいます。
ですから、ドライアイは、目の病気というよりは涙の病気といえ、昨今の生活環境やコンタクトレンズ需要の増加などから、患者数最大2,200万人とも言われています。

そしてドライアイの症状は”ただ目が乾くだけ”と思われがちですが、実はそれだけではありません。

%e9%a0%ad%e7%97%9b
異常があるままだと、まばたきによる摩擦が増え、結果、目に違和感や痛みといった症状をもたらすだけでなく、目の表面がデコボコになって光が正しく通過しないため、次第に視界の鮮明さにも影響が出てきます。つまり視力が落ちます。
そして、見えにくさは次第に辛い疲れ目や頭痛、肩こりにも繋がり、目だけではなく、体にも悪影響を及ぼしてしまうのです。

“たかが疲れ目だし”とか”みんななってるし”と軽く考えてしまうのは禁物です。
簡単に自己判断せずに、心当たりがあるならまずは1度、眼科の診察を受け、適切な処置をとるようにしましょう。

目の病気に関する記事

斜位の種類の写真です。

【メガネで矯正できる】斜位の種類と特徴

斜位にというモノを知らない方がほとんどという状況の中、最近はTVや雑誌などで取り上げられ何度か耳にしたことがあるかもしれません。 もしかすると自...
目の病気

空を指差し写真です。

【白内障】まぶしいと感じることありませんか?

早い人では40代を過ぎたころから始まるとも言われる白内障。 どういった症状なのでしょうか? 今回は白内障の症状と改善方法についてのお話です。 実...
目の病気

蚊の写真です。

【飛蚊症】目にゴミがチラついてる、、、。浮遊物の正体|目...

みなさんは今まで視界に透明な糸やゴミのようなものがフワフワと飛んでいるように見えた事はありませんか? 透明な浮遊物がずっと視界をさまよっていて、...
目の病気

3D映画

3D映画が観にくい、疲れる!そんなあなたは、『シャイ』か...

3D映画を観たことはありますか? 映画館で専用のメガネをかけて、映像がスクリーンから飛び出してくる大迫力の特殊加工ムービーです。 そんな3D映画...
目の病気

%e8%84%b3%e3%81%bf%e3%81%9d

脳梗塞の後遺症-複視について-|目の病気

あなたは今の自分の目の見え方(視力)に満足しているでしょうか? もちろん満足しているという方がほとんどだとは思いますが、中にはちょっと̶...
目の病気