きっと役立つ!目の知識ブログ

コンタクトレンズと眼鏡はどっちがいいの??|目の雑学

目の雑学


conta

コンタクトレンズと眼鏡はどっちがいいのか、永遠のテーマといっても過言ではないこの問題。
実はどちらにもいいところはあるし、どちらにもデメリットがあるんです。
度数やニーズによって、人それぞれな部分もあるので迷った時の参考にしていただければ幸いです。
目は、人間の体の部位の中でもかなり重要な部分です。ですから正しい知識をもって、使用しなければいけません。なので、今回は、あえてメリットよりもデメリットに標準を絞って、ざっくりと簡単にですが伝えていきます。

%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%af%e3%83%88

まずコンタクトレンズですが、眼鏡と比べてランニングコストがかかってしまうのと、1dayなどの使い捨てではないものは毎日のケアが大変です。レンズだけでなくケースも清潔に保たないといけませんので、眼鏡に比べ手入れが面倒になってしまいます。
そして、コンタクトレンズの1番のデメリットと言えるのが、目の病気やケガのリスクです。
コンタクトは目に直接つけるので、目にかかる負担も大きく、正しく使わなければ接触している角膜にキズがついたり、最悪の場合だと病気になって失明してしまう恐れすらあります。
その点眼鏡は目に直接触れることもないので、そういった心配はありません。

maganezure
続いてメガネのデメリットですが、室内外との気温差や、湯気でレンズが曇ったり、雨に濡れると拭くのが面倒など、こちらもそれなりの手間はかかってしまいますし、どれだけフィッティングが合っていたとしても激しいスポーツをするには不便ですし不利です。
そして、基本的にまっすぐ見ているので気にならない程度ではありますが、フレームの内部しか見えないのでコンタクトに比べてやや視野が狭いですし、太めのプラスチックフレームなどはフレーム自体も視界の妨げになってしまいます。
さらに、これが一番の理由という方も多いでしょうが、眼鏡は良くも悪くもその人の印象をガラッと変えてしまいます。眼鏡自体を掛け慣れていない方は、耳や鼻にずっと乗っかっているのがわずらわしいと思う方も多いのでは無いでしょうか?

実は、メガネレンズもコンタクトレンズも医療器具の1つです。特にコンタクトレンズは高度管理医療機器という分類に属します。
難しい言葉ですが、要するに何かあったときはリスクが高いものだよ。ということです。
これは、透析器や放射線治療機器と同じ分類なんです。それだけの医療器具なんだなという事をもう一度再確認しながら、眼鏡もコンタクトも正しく使って快適な視生活をお過ごしください。

目の雑学に関する記事

間違っていたメガネ選びと書いた写真です。

間違っていたメガネ選び

  あなたがメガネを買うとき、どんなメガネが自分に合うのか?という考えで選んではいませんか? 初めてメガネをかける人も、すでにかけてい...
目の雑学

利き目を調べる写真です。

自分で「利き目」を調べる方法

あなたがもし自分の『利き目』を知らないのであれば、今行っているメガネ屋さんを変える必要があるかもしれない。 手には「利き手」があります。左右の手...
目の雑学

女性の顔の写真です。

カラコンで失明?コンタクトの最恐リスク

あなたは瞳の黄金比というのを聞いたことはあるでしょうか? 客観的に見て白目:黒目:白目のバランスが1:2:1となっている瞳が1番美しく見えると言...
目の雑学

昼寝をしている男性の写真です。

《眼精疲労》があなたの快眠を邪魔しちゃう。

現代社会では、しっかり休んだつもりでも疲れは次の日までたまってしまいがちです。 特に目の疲れは脳の疲れに繋がりやすく、脳が疲れると体にも支障をき...
目の雑学

月の写真です。

月がダブって見える=乱視は間違い!!それは【複視】かも知...

物がダブって見えると言ったら真っ先に思いつくのが乱視だと思います。 信号が2つに見えたり、月がダブって見えるなど、そういった見え方を経験したこと...
目の雑学