きっと役立つ!目の知識ブログ

人は肉食動物? それとも草食動物!?|目の雑学

目の雑学


%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%81%ae%e5%ad%90

みなさんは動物園にはよく行かれるでしょうか?
お子さんがいらっしゃる方などは、夏休みなどには定番のレジャースポットですよね。
普段なかなか見ることが出来ないような動物を見て回れるだけでも凄く楽しいんですが、顔のつくりをよく比べて見ると、実は”肉食動物”と”草食動物”で顔のかたちは結構違っています。
さらに動物たちをよーく観察してみると、目がある位置や黒目の形に関しても、それぞれ違いがあってとても面白いです。

人間も含め、動物たちの顔の作りにはきちんと意味があって、それぞれ食べるものや、生き方に順応した形をしています。
ですので今回は、肉食動物と草食動物の目と見え方の違いについてお話させて頂きます。
これを知るともっともっと動物園が楽しくなりますよ。

 

まず、肉食動物の特徴は左右の目の間隔が狭く、目が前に向いていることです。

%e8%82%89%e9%a3%9f
これは獲物を捕える時に、獲物との距離を正確に把握することが必要だからです。そのためにも必要なのは遠近感です。
遠近感は片目では感じ取ることが出来ません。
右目と左目、それぞれの映像の僅かな違いを脳が認識して、それを遠近感や立体感として脳が認識します。
ですから目が顔の前面にあれば、両方の目の視野が重なりあい、獲物との距離を正確につかむことが出来ます。

 

それに対して草食動物は、自分を捕食する肉食動物が近くにいないか、常に周りの状況に注意することが必要ですよね。

%e8%8d%89%e9%a3%9f
その中でも特にウサギの視野は幅広く、首を動かさなくても、自分の周囲360°をぐるりと見渡すことができます。

うさぎの写真
目が離れているので両眼視野はやはり肉食動物に比べ狭く、顔の前方の10度程度ですが、 驚くことに後ろにも両眼視野があり、これは主に肉食動物から逃げるために使っているそうです。
ウサギは動物園ではよくふれあい広場みたいなところにいますが、後ろからそっと捕まえようとしても、実はウサギからは丸見えだったんですね。驚きです。

 

ちなみに人間も目は前に向いていますよね?これは先ほどの特徴からすると、肉食動物の特徴です。

%e4%ba%ba%e9%96%93%e3%81%af
しかし同時に奥歯には植物をすりつぶす為の太くがっしりした臼歯(きゅうし)を持っており、牛などの草食動物と同じく顎を横に動かすことも出来ます。これを見ると、人間は肉も植物も食べる雑食性なので、こういうかたちになっているのもうなずけますね。

みなさんも今度動物園に行ったら、ぜひ動物たちの目の位置にも注目してみて下さい。

目の雑学に関する記事

昼寝をしている男性の写真です。

《眼精疲労》があなたの快眠を邪魔しちゃう。

現代社会では、しっかり休んだつもりでも疲れは次の日までたまってしまいがちです。 特に目の疲れは脳の疲れに繋がりやすく、脳が疲れると体にも支障をき...
目の雑学

月の写真です。

月がダブって見える=乱視は間違い!!それは【複視】かも知...

物がダブって見えると言ったら真っ先に思いつくのが乱視だと思います。 信号が2つに見えたり、月がダブって見えるなど、そういった見え方を経験したこと...
目の雑学

大陸の写真です。

瞳の色で違う「まぶしさ」の感じ方

世界には瞳が青い人もいれば茶色い人もいます。 同じように肌の色もそれぞれ違います。 肌の色に関しては、日焼けをするのは強力な紫外線から肌を守るた...
目の雑学

人混みの写真です。

【人混みで酔う】疲れる、頭痛、めまい、その原因

人混みの中を歩くと、何故か疲れる。 家に帰ると「頭痛」になり、翌日にも疲労がたまっていることってありませんか? その人混みによる疲れの原因は、い...
目の雑学

メガネの女性写真です。

メガネをかけると本当に目が悪くなるの?

メガネに関する『都市伝説』でとても有名なものがあります。 「眼鏡をかけると目が悪くなる」というものです。 みなさんも1度は聞いたことがあるのでは...
目の雑学