きっと役立つ!目の知識ブログ

子どもの集中力がない原因|ビジョンケア

ビジョンケア


子どもの写真

大人にとって仕事や家事が生活をする上で欠かせないものであるように、子供にとって学校の勉強はとても大切なものです。
朝から夕方まで先生の話をしっかり聞きながら、それをノートに書き写し頑張って記憶してテストにのぞむ。
だれもが子どものころは当たり前にやっていたことなんですが、記憶力や集中力も人それぞれです。みんながみんな当たり前にできるわけではありません。
『子どもの集中力が続かないのは発達障害が原因』という話を聞いたことがありますか? 発達障害は脳との関係が深く関わっています。その脳の8割を視神経が閉めているのですから、子どもの集中力が続かないのは見え方、つまり視力の影響である可能性もあると言えます。

あなたは、自分の子は『だいたい自分と同じぐらい見えているだろう』と決めつけていませんか?
もちろんそうではないことも少なくありません。
視力は人によって違います。近視の子もいれば、遠視や、乱視の子もいます。
視力が違うということは、目の疲れやすさや、疲れるまでのスピードも違うということです。
あなたも目が疲れてきて物事に集中できなかったという経験はあるのでは無いでしょうか?
それぐらい目の疲れというのは集中力や疲労に直結する問題であると言えます。
これを子どもに置き換えてみれば、近視の子の場合、遠くが見えづらいので、後の席になったら黒板がとても見えづらいですし、遠視の子の場合はしっかり見えているつもりでも、目にはずっと負担がかかっていて疲れ目になりやすい状態なのです。
あと、親にも、眼科や眼鏡店にも気づいてもらいにくいのが、『斜位』などの眼位のズレからなる目の負担です。
『斜位』とは、目の周りの筋肉バランスがくずれていて、右目・左目のそれぞれの映像を1つにする(融像)チカラが人の何十倍も必要なため、目には常に負荷がかかってしまう症状です。
そうなると見えづらい状態を無理に頑張って見続ける作業を強いられるわけですから、辛いのは当たり前、それこそ長時間集中するのは困難と言えるでしょう。
この状態の子どもは、

見えにくいから目が疲れる

目が疲れるからやりたくない

やりたくないから集中なんかできない

といった状況になってしまうのです。

ついつい集中力が続かないのは性格のせいとか、先ほどの発達障害のせいかな?などど考えてしまいがちです。
もちろんその可能性も否定はできないですが、目にとって優しい視界を作ってあげることも勉強を効率的に進めるための1つの方法と言えます。

もしかすると、それが今よりもさらにより良い勉強法と言えるのではないでしょうか?

ビジョンケアに関する記事

近くが見づらそうな男性

これから初めての老眼鏡を買うあなたへ

40歳を過ぎてくると、いろいろなところに不具合ができてくるものです。 昔と違って太りやすくなったり、昔と違って疲れがとれにくくなったり、物忘れが...
ビジョンケア

帽子を被る子どもの写真

あきらめないで!!子供の視力は回復する?|ビジョンケア

視力というのは一度低下してしまうと、なかなか元に戻すのは難しいものです。 なので、普段から視力が低下しないように、目に負担をかけないようにしてあ...
ビジョンケア

メガネをかけた子どもの写真

子供のはじめての眼鏡で知っておきたい10のこと

最近の調査で、視力が0.7以下の小学生は30年前に比べて約2倍になったということが分かったそうです。 0.7を下回るとだんだん見づらさを感じやす...
ビジョンケア

%e3%82%81%e3%81%8f%e3%82%99%e3%81%99%e3%82%8a

疲れ目に目薬をさすのは、なぜ??|ビジョンケア

人は情報の約8割を目から得ているといわれているのをご存知でしょうか? ただでさえ近年はテレビ、パソコン、スマホなどで目を酷使する時代ですから、目...
ビジョンケア

%e3%82%89%e3%82%93%e3%81%970

疲れやすく見えにくい乱視|ビジョンケア

みなさんは『乱視』についてどれぐらいご存知でしょうか? 乱視がある方の見え方でよく言われるのが、月や信号が分身したように2つに見えるなどがありま...
ビジョンケア