きっと役立つ!目の知識ブログ

疲れ目に目薬をさすのは、なぜ??|ビジョンケア

ビジョンケア


%e7%9c%bc%e3%81%ae%e8%84%b3

人は情報の約8割を目から得ているといわれているのをご存知でしょうか?
ただでさえ近年はテレビ、パソコン、スマホなどで目を酷使する時代ですから、目にかかってくる負担は昔に比べて非常に多くなっています。
それに伴って、同時に増えてくるのが目の疲れ
視界がかすんだり、目が痛い、重い、乾くなどの様々な症状で悩んでいる方も多くなってきています。

%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%b9%e3%82%af
特にずっと近くを見る状態になってしまうパソコンをするようなデスクワークの方には深刻な問題と言えるかもしれません。
そんなときに活躍してくれるのが目薬です!
でも、なぜ目薬が疲れ目に効くのでしょうか。

目の中には毛様体筋というピントを合わすための筋肉があります。
この筋肉は普段遠くを見るときには緩んでいるんですが、近くを見るときには緊張します。
なので、パソコンやスマホなどで、近くをずっと見続けるということは毛様体筋をずっと緊張させ続けているということになります。
そんなことを長時間続けていては、筋肉疲労を起こすのも無理はありませんよね。

%e3%82%81%e3%81%8f%e3%82%99%e3%81%99%e3%82%8a

こんなときの目の緊張をやわらげてあげるためには目薬です。
目薬にはこの症状をやわらげるビタミンB12や、ネオスチグミンメチル硫酸塩が入っており、弱ったピント調節機能(つまり毛様体筋の疲れ)を回復してくれます。

また、目に疲れがたまると代謝も悪くなり、目の疲労回復がしづらくなります。これには目薬に入っているタウリンやパンテノールなどの成分が目の代謝を高めてくれます。

他にも目の乾燥を防いでくれたり、角膜のケアをしてくれたりと良いことづくめ!目薬は私たちの目を守ってくれる大事なパートナーといえると思います。正しく目薬を使って、いつもよりすっきりとした視界で元気に生活していきましょう。

ビジョンケアに関する記事

帽子を被る子どもの写真

あきらめないで!!子供の視力は回復する?|ビジョンケア

視力というのは一度低下してしまうと、なかなか元に戻すのは難しいものです。 なので、普段から視力が低下しないように、目に負担をかけないようにしてあ...
ビジョンケア

メガネをかけた子どもの写真

子供のはじめての眼鏡で知っておきたい10のこと

最近の調査で、視力が0.7以下の小学生は30年前に比べて約2倍になったということが分かったそうです。 0.7を下回るとだんだん見づらさを感じやす...
ビジョンケア

iii

子どもの集中力がない原因|ビジョンケア

大人にとって仕事や家事が生活をする上で欠かせないものであるように、子供にとって学校の勉強はとても大切なものです。 朝から夕方まで先生の話をしっか...
ビジョンケア

%e3%82%89%e3%82%93%e3%81%970

疲れやすく見えにくい乱視|ビジョンケア

みなさんは『乱視』についてどれぐらいご存知でしょうか? 乱視がある方の見え方でよく言われるのが、月や信号が分身したように2つに見えるなどがありま...
ビジョンケア

運転席の写真

メガネ初心者必見!これ以上『近視』をすすめたくない|ビジ...

近視の人の目は、遠くが見えづらく、比較的に近くは見やすいという視力をしています。 子供のころから近視で、メガネをかけている人は慣れていますが、大...
ビジョンケア