きっと役立つ!目の知識ブログ

あきらめないで!!子供の視力は回復する?|ビジョンケア

ビジョンケア


帽子を被る子どもの写真

視力というのは一度低下してしまうと、なかなか元に戻すのは難しいものです。
なので、普段から視力が低下しないように、目に負担をかけないようにしてあげることが大切です。
よくゲームや本を長時間見たりすると、目に良くないということが知られていますが、姿勢の悪さや、偏った食生活も実は目に悪影響を与えてしまうと言われていますので、注意が必要です。

子供に関しては、目も発達途上にあるので、視力の低下も大人に比べ非常に速く、気付いた時には視力がかなり低下していたということも多いです。
これだけ聞くと怖い感じがしますが、小さい子供に関してはまだ目も成長過程にあり、大人と違って悪くなった視力が
生活習慣や機器を使うことで回復することもあるので、症状にもよりますが
急いで眼鏡やコンタクトで視力を出すということをしなくてもいいと言えるかもしれません。
今回はそんな子供用の視力回復方法について、いくつかお伝えできればと思います。

 

パソコンをしている子どもの写真

1.私生活の改善

まずは近視からですが、先ほどお伝えしたように、視力回復するために何の準備もいらず、1番手っ取り早く始められるのが、私生活の改善です。
勉強やゲームなどで、近くばかりを見がちな生活を屋外でスポーツをすることにより解消したり、姿勢や食生活、視力アップのための目の体操などによって目にとって良い環境を作ってあげ視力を回復させるという方法です。

 

超音波治療器の写真

2.超音波治療器による視力回復

自分だけでさせるには自信がないという方や、もっと効果的なアドバイスや方法を試してみたいという方には、機械を目に当て、超音波によって目の中の筋肉をマッサージすることで、本来の調節力を取り戻す超音波治療器や、オルソケラトロジーという夜寝るときにだけ使用し、角膜を矯正する特殊なハードコンタクトレンズ、更には通販などの視力アップ教材など、ここに挙げた以外にも色んな種類のものがあります。

 

メガネの子ども写真

3.メガネによる遠視矯正

遠視に関しては視力回復というよりも治療という分野になるかもしれませんが、眼鏡での矯正があります。
遠視は子供のころほとんどの子が持っていますが、目の成長不足が原因の場合は成長とともに解消されていきます。しかし、そうでない場合は眼科による処方で眼鏡による矯正が必要です。
気付かず放っておくと、最悪の場合、弱視や斜視になる可能性が高まってしまいます。

このように様々な視力回復に関するものがありますが、何より大切なのは、なるべく早期に見つけて、かつ続けないと意味がないということです。
特に弱視に関しては一般的に治療できるのは8歳程度までと言われていますので、可能なうちに治療してあげないと眼鏡だけでは視力が上がらないこともあります。

まずはあれ?と思うことが大切です。未来の子供の視力をしっかり守ってあげましょう。

ビジョンケアに関する記事

女性がベットで寝ている写真です。

部屋の壁紙・カーテンの色の決め方!目にやさしい空間をつく...

色の使いどころを考えたり、何をどこに配置するかということは部屋づくりでは特にこだわりたい大切な部分です。 今回は、新築やリフォームのタイミングで...
ビジョンケア

目のクマの写真です。

目のクマは老け顔のサイン?原因と対処法

人の視覚情報から第一印象は約3秒できまるそうです。これから面接に望む人、営業職の方々にとっても重要である第一印象。 その中でも特に顔は相手に与え...
ビジョンケア

伊達メガネをかけた写真です。

おしゃれな伊達メガネの良いところと注意点

最近テレビなどの影響もあって流行している伊達メガネ。 気軽に印象を変えることもでき、今では帽子と並ぶファッションアイテムとして近年使用する方が増...
ビジョンケア

monomorai

【ものもらい】対処法は2種類!それぞれの原因があります。

みなさんはものもらいについてどのくらいご存知でしょうか? まぶたが腫れる眼病で正式名称は、麦粒腫(ばくりゅうしゅ)や霰粒腫(さんりゅうしゅ)と言...
ビジョンケア

眠気の写真です。

【眠気】昼間の睡魔を取り除く方法

事務仕事の方は、日々の仕事の疲れから肩こりや腰痛になってしまうことが多いようです。 どちらも確かにつらい症状ではあると思うのですが、仕事に本格的...
ビジョンケア