きっと役立つ!目の知識ブログ

これから初めての老眼鏡を買うあなたへ

ビジョンケア


近くが見づらそうな男性

40歳を過ぎてくると、いろいろなところに不具合ができてくるものです。
昔と違って太りやすくなったり、昔と違って疲れがとれにくくなったり、物忘れが激しくなったり、気付かないうちに白髪が増えていたり。
目も例外ではありません。近くを見るのが以前より苦手になります。
そうです。俗にいう老眼というものです。

なんだか老眼鏡というだけですごく年をとった感じがして嫌な響きですよね。。。
自分が老眼鏡なんて…とショックを受ける方もいらっしゃるでしょう。
でも最近は呼び方も様々で「シニアグラス」、「キャリアグラス」、「リーディンググラス」など、まだまだ聞き馴染みはないかもしれませんが、老眼鏡も様々な呼び名で呼ばれるようになってきています。
そして最近は老眼対策のサプリメントなどもありますね。
しかしサプリメントは一時的に老眼になることを遅らせることは出来ても、完全に老眼にならないようにすることは出来ません。もし勘違いされている方がいらっしゃるなら、そこはサプリメント購入前にきちんと覚えておいて頂きたい部分です。

考えるひと

では、老眼というのはなぜおこるのでしょうか?

老眼というのは、近視や乱視のような通常の屈折異常が起きるのとは違い、目の中にある水晶体というレンズやそれを支えている筋肉が衰えてくることでおこります。
最初にお伝えした”老眼”というのは老化現象の1つということです。
目の中にある水晶体というレンズや目の周りの筋肉が老化してくると、だんだんとピント調節がしにくくなって、結果的に見えづらさを感じてしまいます。これが老眼です。
人によって早い遅いはあるでしょうが、白髪と一緒で誰にでもおこることなので、基本的に絶対老眼にならないようにするための方法というものはありません。

無理は禁物

ときどき近くが見えづらくなっても老眼鏡を掛けたくないから、老眼鏡なんてカッコ悪いからと言って、眉間にシワを寄せたり、目を細めたりして無理して裸眼で書類などを読もうとしている方がいますが、そんなことをしていると、眉間にシワが増えてしまったり、肩こりや頭痛の原因になるだけでなく、目に負担をかけすぎてしまったがために老眼鏡に加えて、いつの間にか遠く用の眼鏡まで必要になってしまう可能性だってありますので注意が必要です。

新聞とメガネ

このように何かと毛嫌いされがちな老眼鏡ですが、本質はあなたの生活を豊かにするための物です。
老眼鏡があるから、本も新聞も読めて、将棋だって編み物だって出来るんです。
最近、近くのものが少し見えづらくなってきたなと思っている方はちょっと勇気を出して眼鏡屋さんに行ってみてはどうでしょうか?
あなたが今見ているこの文章も、今よりもっと楽にすっきりと見える視界になっているはずです。

それでも、「わたしは老眼ではない!」という方は他にも、近くのものをみる時に「見づらい」「集中できない」などの症状がある方はコチラをチェックしてください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

斜位セルフチェック

ビジョンケアに関する記事

女性がベットで寝ている写真です。

部屋の壁紙・カーテンの色の決め方!目にやさしい空間をつく...

色の使いどころを考えたり、何をどこに配置するかということは部屋づくりでは特にこだわりたい大切な部分です。 今回は、新築やリフォームのタイミングで...
ビジョンケア

目のクマの写真です。

目のクマは老け顔のサイン?原因と対処法

人の視覚情報から第一印象は約3秒できまるそうです。これから面接に望む人、営業職の方々にとっても重要である第一印象。 その中でも特に顔は相手に与え...
ビジョンケア

伊達メガネをかけた写真です。

おしゃれな伊達メガネの良いところと注意点

最近テレビなどの影響もあって流行している伊達メガネ。 気軽に印象を変えることもでき、今では帽子と並ぶファッションアイテムとして近年使用する方が増...
ビジョンケア

monomorai

【ものもらい】対処法は2種類!それぞれの原因があります。

みなさんはものもらいについてどのくらいご存知でしょうか? まぶたが腫れる眼病で正式名称は、麦粒腫(ばくりゅうしゅ)や霰粒腫(さんりゅうしゅ)と言...
ビジョンケア

眠気の写真です。

【眠気】昼間の睡魔を取り除く方法

事務仕事の方は、日々の仕事の疲れから肩こりや腰痛になってしまうことが多いようです。 どちらも確かにつらい症状ではあると思うのですが、仕事に本格的...
ビジョンケア