きっと役立つ!目の知識ブログ

これから初めての老眼鏡を買うあなたへ

ビジョンケア


近くが見づらそうな男性

40歳を過ぎてくると、いろいろなところに不具合ができてくるものです。
昔と違って太りやすくなったり、昔と違って疲れがとれにくくなったり、物忘れが激しくなったり、気付かないうちに白髪が増えていたり。
目も例外ではありません。近くを見るのが以前より苦手になります。
そうです。俗にいう老眼というものです。

なんだか老眼鏡というだけですごく年をとった感じがして嫌な響きですよね。。。
自分が老眼鏡なんて…とショックを受ける方もいらっしゃるでしょう。
でも最近は呼び方も様々で「シニアグラス」、「キャリアグラス」、「リーディンググラス」など、まだまだ聞き馴染みはないかもしれませんが、老眼鏡も様々な呼び名で呼ばれるようになってきています。
そして最近は老眼対策のサプリメントなどもありますね。
しかしサプリメントは一時的に老眼になることを遅らせることは出来ても、完全に老眼にならないようにすることは出来ません。もし勘違いされている方がいらっしゃるなら、そこはサプリメント購入前にきちんと覚えておいて頂きたい部分です。

考えるひと

では、老眼というのはなぜおこるのでしょうか?

老眼というのは、近視や乱視のような通常の屈折異常が起きるのとは違い、目の中にある水晶体というレンズやそれを支えている筋肉が衰えてくることでおこります。
最初にお伝えした”老眼”というのは老化現象の1つということです。
目の中にある水晶体というレンズや目の周りの筋肉が老化してくると、だんだんとピント調節がしにくくなって、結果的に見えづらさを感じてしまいます。これが老眼です。
人によって早い遅いはあるでしょうが、白髪と一緒で誰にでもおこることなので、基本的に絶対老眼にならないようにするための方法というものはありません。

無理は禁物

ときどき近くが見えづらくなっても老眼鏡を掛けたくないから、老眼鏡なんてカッコ悪いからと言って、眉間にシワを寄せたり、目を細めたりして無理して裸眼で書類などを読もうとしている方がいますが、そんなことをしていると、眉間にシワが増えてしまったり、肩こりや頭痛の原因になるだけでなく、目に負担をかけすぎてしまったがために老眼鏡に加えて、いつの間にか遠く用の眼鏡まで必要になってしまう可能性だってありますので注意が必要です。

新聞とメガネ

このように何かと毛嫌いされがちな老眼鏡ですが、本質はあなたの生活を豊かにするための物です。
老眼鏡があるから、本も新聞も読めて、将棋だって編み物だって出来るんです。
最近、近くのものが少し見えづらくなってきたなと思っている方はちょっと勇気を出して眼鏡屋さんに行ってみてはどうでしょうか?
あなたが今見ているこの文章も、今よりもっと楽にすっきりと見える視界になっているはずです。

それでも、「わたしは老眼ではない!」という方は他にも、近くのものをみる時に「見づらい」「集中できない」などの症状がある方はコチラをチェックしてください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

斜位セルフチェック

ビジョンケアに関する記事

メガネをかけた女の子

プロが教える!疲れ目の原因がメガネやコンタクトにある場合

疲れ目の原因がメガネやコンタクトにあるというのはよく聞くはなしです。 あなたも買ったばかりだからまだ慣れていないのかもしれないけど、でも、このか...
ビジョンケア

目を抑えている男性の写真です。

メガネが合っていないときの原因【過矯正レンズ】

メガネやコンタクトを購入して間もなく、目に違和感や、疲れを感じるというのはよく聞くはなしです。 「買ったばかりだからまだ慣れていないのかもしれな...
ビジョンケア

晴明というつぼのイラストです。

パソコンに疲れた時の目のつぼ【即効力】

日ごろパソコンを中心に仕事をしている方々は、目が疲れて思わず目頭を押さえたくなったことはことはありませんか? パソコンやスマートフォン、読書など...
ビジョンケア

部屋にいる女性の写真です。

その目の疲れ、実は部屋の照明に原因が!

照明には大きく分けて白熱電球、蛍光灯、LED電球の3つのタイプがあります。 【白熱電球】 エジソンが発明したことでも有名な白熱電球は温かみのある...
ビジョンケア

女性がベットで寝ている写真です。

部屋の壁紙・カーテンの色の決め方!目にやさしい空間をつく...

色の使いどころを考えたり、何をどこに配置するかということは部屋づくりでは特にこだわりたい大切な部分です。 今回は、新築やリフォームのタイミングで...
ビジョンケア