きっと役立つ!目の知識ブログ

【ものもらい】対処法は2種類!それぞれの原因があります。

ビジョンケア


monomorai

みなさんはものもらいについてどのくらいご存知でしょうか?
まぶたが腫れる眼病で正式名称は、麦粒腫(ばくりゅうしゅ)霰粒腫(さんりゅうしゅ)と言います。
どちらもまぶたが腫れるという症状がありますが、この2つは原因と対処法が全く違うので、覚えておくといざという時に役に立つかもしれません。
今回は麦粒腫と霰粒腫の違いとそれぞれの対処法についてのお話です。
《麦粒腫》
まぶたの表面にいる細菌が、まぶたの分泌腺や毛穴に入り込み、感染して化膿したり膿が溜まる症状を「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」といいます。
軽い痛みやかゆみから始まり、次第にまぶたが赤く腫れていくので、まばたきをしたときには痛みを感じるケースが多く、目が充血したり、ゴロゴロするといった症状が出ることもあります。

↓ 対処法

目薬を指している写真です。
原因は細菌のため、目薬や内服薬によって改善します。
適切な処置を行えば、通常は約1週間程度で痛みも引き、治ります。

《霰粒腫》
まぶたにある脂腺の詰まりが原因で,まぶたが、腫れてしまうものを「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」といいます。
まばたきをすると違和感を感じることもありますが、麦粒腫と違って細菌感染ではないので基本的には痛みがないのが特徴です。

↓ 対処法
目をあたためている写真です。

一般的に霰粒腫は放置していても自然に治癒する場合がありますが、まぶたの腫れがやや長引いてしまうこともあります。
症状が軽い場合は蒸しタオルで温めてあげると効果的です。しかし、同時に炎症がおこり「化膿性霰粒腫」となった場合には麦粒腫と同じように、赤みや痛みを感じることがあり、その場合は温めると逆効果になってしまいますのですぐに眼科に行くことをお勧めします。

実は『ものもらい』は誤解して覚えてしまいがちな眼病でもあります。
ものもらいという呼び方のせいか、簡単に人にうつると思われがちですが、基本的にはウイルス性結膜炎のように人から人にうつってしまうことはありません。また、まぶたが腫れてしまうので眼帯をするべきと思われがちですが、麦粒腫の場合は、眼帯をしてしまうと中で菌が繁殖してしまうのでしないようにしましょう。

『ものもらい』はアイメイクやコンタクト、さらに疲れやストレスが原因でも発症してしまうことがあるので、日ごろから目に負担をかけすぎないようにしてあげることが大切です。

ビジョンケアに関する記事

目のクマの写真です。

目のクマは老け顔のサイン?原因と対処法

人の視覚情報から第一印象は約3秒できまるそうです。これから面接に望む人、営業職の方々にとっても重要である第一印象。 その中でも特に顔は相手に与え...
ビジョンケア

伊達メガネをかけた写真です。

おしゃれな伊達メガネの良いところと注意点

最近テレビなどの影響もあって流行している伊達メガネ。 気軽に印象を変えることもでき、今では帽子と並ぶファッションアイテムとして近年使用する方が増...
ビジョンケア

眠気の写真です。

【眠気】昼間の睡魔を取り除く方法

事務仕事の方は、日々の仕事の疲れから肩こりや腰痛になってしまうことが多いようです。 どちらも確かにつらい症状ではあると思うのですが、仕事に本格的...
ビジョンケア

歯科医師の写真です。

歯医者さんの腕は、目のケアで決まるかも!?

普段から目をよく使う仕事はたくさんありますが、その中でも歯医者さんは患者さんの口の中を覗き込む施術や、患者さんの口腔内情報をパソコンに向き合って...
ビジョンケア

namida

【涙の正体】涙くんこんにちは(サヨナラしたらいけません)

料理中に包丁で玉ねぎを切っていると、必ずと言っていいほど目にしみて涙が出ます。(裏ワザを知っているあなたはでません) ここで思ったのが、なんで玉...
ビジョンケア