きっと役立つ!目の知識ブログ

目のクマは老け顔のサイン?原因と対処法

ビジョンケア


目のクマの写真です。

人の視覚情報から第一印象は約3秒できまるそうです。これから面接に望む人、営業職の方々にとっても重要である第一印象。
その中でも特に顔は相手に与える印象も大きく、目にクマやたるみがあると不健康に見られたり、実年齢より老けて見られてしまったりと悪印象を与えてしまいます。

ひとことに目のクマといっても、大きく分けて3つの種類があり、目の下に現れる原因も様々なので、それぞれタイプ別のケアが必要となります。今回はそんな目元のクマの種類と改善方法についてお話しします。

【茶クマ】

茶クマの写真です。

まず最初に色素沈着によってできやすい茶クマです。
普段から目をこするクセがあったり、紫外線が原因だったり、メイクなどが原因で現れることもあります。

原因の一つが紫外線なので、UVケアをしっかりとしてあげることはもちろん、美白作用のあるビタミンC誘導体配合の基礎化粧品を使ったり、目元をしっかり保湿することで改善しやすいと言われています。
また、クレンジングなどを使う際はくれぐれも強く擦りすぎないように気を付けましょう。

【黒クマ】

黒クマ

続いて黒クマは加齢によって目の周りの皮膚や筋肉が衰えることでから起こるもので、一種の老化現象ともいえます。
改善や防止のためには目の周りの眼輪筋と呼ばれる筋肉を鍛え、皮膚のたるみを解消し、ハリのある肌にしてあげることが理想的です。方法は色々ありますが、

  1. 目を自然に軽く閉じる。
  2. 少しずつ力を入れて閉じていき、限界まで閉じたらそのまま5秒間キープする。
  3. ゆっくりと目の力を抜いていく。
  4. 目をパッと大きく見開く。
  5. そのままの状態で5秒間キープし、少しずつ力を抜いて自然な状態に戻す。

といった方法が1番簡単だと思います。
おまけに眼輪筋を鍛えることで、たるんだ目元がぱっちりして見えることもあるようです。
一石二鳥ですね。

【青クマ】

青クマの写真です。

最後にパソコンやスマホなどを多用する現代人にとって1番の天敵である青クマ。
目の周りの皮膚は非常に薄く、毛細血管が透けやすい部分です。そこに睡眠不足やストレスなどが加わると、血行不良が起こりクマになってしまいます。
ですから規則正しい生活を普段から心がけることが大切です。また、ホットタオルを目にあてたり、入浴時に目をつむったまましばらくシャワーをまぶたにあて続けるだけでも血行が改善されますので、時間に余裕がない人でもお風呂のついでに出来るのでおすすめです。

また、青クマの方々にとっては眼精疲労も原因の一つとされていますが、原因不明の眼精疲労にお悩みの方は斜位である可能性もあります。
いくら私生活を気を付けていても、斜位が原因の眼精疲労があるばかりにいつまでたってもクマが無くならないということもありえます。
まずはこちらからセルフチェックをしてみてはいかがでしょうか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

PP斜視斜位サイトバナー画像です。

ビジョンケアに関する記事

部屋にいる女性の写真です。

その目の疲れ、実は部屋の照明に原因が!

照明には大きく分けて白熱電球、蛍光灯、LED電球の3つのタイプがあります。 【白熱電球】 エジソンが発明したことでも有名な白熱電球は温かみのある...
ビジョンケア

女性がベットで寝ている写真です。

部屋の壁紙・カーテンの色の決め方!目にやさしい空間をつく...

色の使いどころを考えたり、何をどこに配置するかということは部屋づくりでは特にこだわりたい大切な部分です。 今回は、新築やリフォームのタイミングで...
ビジョンケア

伊達メガネをかけた写真です。

おしゃれな伊達メガネの良いところと注意点

最近テレビなどの影響もあって流行している伊達メガネ。 気軽に印象を変えることもでき、今では帽子と並ぶファッションアイテムとして近年使用する方が増...
ビジョンケア

monomorai

【ものもらい】対処法は2種類!それぞれの原因があります。

みなさんはものもらいについてどのくらいご存知でしょうか? まぶたが腫れる眼病で正式名称は、麦粒腫(ばくりゅうしゅ)や霰粒腫(さんりゅうしゅ)と言...
ビジョンケア

眠気の写真です。

【眠気】昼間の睡魔を取り除く方法

事務仕事の方は、日々の仕事の疲れから肩こりや腰痛になってしまうことが多いようです。 どちらも確かにつらい症状ではあると思うのですが、仕事に本格的...
ビジョンケア