きっと役立つ!目の知識ブログ

部屋の壁紙・カーテンの色の決め方!目にやさしい空間をつくる

ビジョンケア


女性がベットで寝ている写真です。

色の使いどころを考えたり、何をどこに配置するかということは部屋づくりでは特にこだわりたい大切な部分です。

今回は、新築やリフォームのタイミングで、ぜひ知っておきたいお部屋の色づかいや配置についてお話しします。 知らずに色づかいを決めると、あなたの部屋は目に負担のかかる部屋になっているのかもしれません。趣味の物やオシャレ感を気にするあまり、無意識に目にとって負担のかかる部屋になっているということはよくあるものです。

 

《テレビの配置について(目線の高さ)》
実はテレビ台の高さを変えるだけでも目への負担は軽減できます。

テレビの写真です。

自分の視線より少し低めにし、やや見下ろすくらいの方が目には優しいとされており、画面の中心が目の高さから30〜50cm程度下がった場所がちょうどいいとされています。
反対に普段から画面を見上げるような高さで見ると目が疲れやすかったり、肩こりや頭痛のもとになります。ほとんどの方がソファや床が主な視聴場所だと思いますが、特に床に座ってテレビを見るという方はテレビ台の高さを変えるだけでも楽になるかもしれません。

《室内の色づかい》

目を疲れさせないようにするためには、ベースとする色にはなるべく原色は使わないことが大切です。

特に無意識に視界に入ってしまう壁やカーテンなどがそれにあたります。
それは、白も例外ではなく、あまりにもはっきりとした白を部屋に多用しすぎると、目にとっても精神的にも疲れやすくなってしまうんです。
理想は白系ならクリーム色だったりと、やや明るめで、淡めな色の方が目にも優しく疲れにくいと言われています。

観葉植物のある部屋の写真です。

色でいうと昔から緑色は目にいいという事を聞いたことがある方は多いと思います。
緑色には自律神経の一つである副交感神経を刺激してくれる効果があり、副交感神経が活発になると、身体はリラックスモードに入っていき、目も含めて身体全体が自身のケアを始め、心も身体も落ち着かせてくれる効果があります。
もし自分の部屋に緑を取り入れるなら観葉植物がお勧めです。
Eye rest green(アイレストグリーン〔手術室などで使用される緑〕)というモノがあるくらい目の疲労も精神的にも安定させる作用がありますので、すぐ眺められる場所に置いておくとリラックス効果をもたらすだけでなく、眼精疲労も緩和されると言われています。
インテリアとしてはもちろんですが、最近は多肉植物やエアープランツなどといった手入れが簡単で手ごろな値段の観葉植物も多いので、そういったものから始めてみてはいかがでしょうか?

反対に赤色に関しては、交感神経を活性化させる効果があります。
赤い色の部屋です。

交感神経が働いているときは、身体全体が緊張している状態をいいます。ですから、休憩したいときや寝室にに赤い物を視野に入れるのは極力控えた方がいいかもしれませんね。

普段目に負担のかからない生活をしているつもりでも、自分では思ってもみないところから目の疲れというのはくるものです。
色が与えるあなたへの影響、目への負担を知って視生活に役立ててください。

ビジョンケアに関する記事

目のクマの写真です。

目のクマは老け顔のサイン?原因と対処法

人の視覚情報から第一印象は約3秒できまるそうです。これから面接に望む人、営業職の方々にとっても重要である第一印象。 その中でも特に顔は相手に与え...
ビジョンケア

伊達メガネをかけた写真です。

おしゃれな伊達メガネの良いところと注意点

最近テレビなどの影響もあって流行している伊達メガネ。 気軽に印象を変えることもでき、今では帽子と並ぶファッションアイテムとして近年使用する方が増...
ビジョンケア

monomorai

【ものもらい】対処法は2種類!それぞれの原因があります。

みなさんはものもらいについてどのくらいご存知でしょうか? まぶたが腫れる眼病で正式名称は、麦粒腫(ばくりゅうしゅ)や霰粒腫(さんりゅうしゅ)と言...
ビジョンケア

眠気の写真です。

【眠気】昼間の睡魔を取り除く方法

事務仕事の方は、日々の仕事の疲れから肩こりや腰痛になってしまうことが多いようです。 どちらも確かにつらい症状ではあると思うのですが、仕事に本格的...
ビジョンケア

歯科医師の写真です。

歯医者さんの腕は、目のケアで決まるかも!?

普段から目をよく使う仕事はたくさんありますが、その中でも歯医者さんは患者さんの口の中を覗き込む施術や、患者さんの口腔内情報をパソコンに向き合って...
ビジョンケア